京都工芸繊維大学附属図書館トップ > 企画展示一覧

企画展示一覧

Book Displays

今年度のイベントや企画展示に関する
ポスターや資料リストを見ることができます。

開催中の展示
◆企画展示「京都モダン建築祭」   資料リスト:PDF
京都モダン建築祭

展示期間:    2022/11/9-
展示場所:    附属図書館 1階 語学関連書架

11月11日(金)〜13日(日)の3日間、本学の笠原一人先生が実行委員長をされている「京都モダン建築祭」が開催されます。
図書館では、関連する本を1階アメニティに展示します。 秋日和、建築を訪ねてまだ知らない京都を見つけに出かけましょう。


◆企画展示「学生選書2021貸出人気ベスト25」   資料リスト:PDF
学生選書2021貸出人気ベスト25

展示期間:    2022/10/14-
展示場所:    附属図書館 1階 グローバルコモンズ前

1階グローバルコモンズ前で、昨年の学生選書から貸出回数の多かった25冊+αを紹介しています。 学生の皆さんが選ぶ本は毎年人気で、すでに貸出中のものもありますが、その場でQRコードから予約可能です。
今年度の学生選書は、まもなく参加者による選定が始まります。今年はどんな図書が選ばれるか楽しみにお待ちください。


◆連携展示「KYOTO」 資料リスト:PDF
Kyoto

展示期間:    2022/10/3 -
展示場所:    附属図書館 1階 語学関連書架

KIT International Month に連携して、京都をテーマに特別展示を開催します。ぜひご覧ください。



◆連携展示「ガラス工芸と陶磁器」 資料リスト:PDF
glass

展示期間:    2022/9/2 -
展示場所:    附属図書館 2階 西階段室

附属図書館では、本学美術工芸資料館に寄贈された展覧会カタログなどをOPACで検索できるよう登録しています。 その資料を手に取ってご覧いただけるよう附属図書館で一定期間展示します。

今回は「ガラス工芸と陶磁器」の展覧会カタログを展示しています。アール・ヌーヴォーを代表するエミール・ガレをはじめ、 マイセンのかわいい動物の陶磁器など美しいカタログが揃っています。ぜひこの機会に手に取ってご覧ください。



◆企画展示「永井隆則先生寄贈図書」
永井隆則先生寄贈図書

展示期間:    2022/6/15 -
展示場所:    附属図書館 2階 エレベーター前

永井隆則先生より1000冊にのぼる多くの図書のご寄贈を賜りました。
先生が手掛けられた展示会をはじめとする図録は、これまで図書館に所蔵がなかったもの、 入手しにくいもの多数。 図書館2階エレベーター前でご紹介したのち図書ゾーンに並びます。ぜひご活用ください。




2022年度図書館イベント一覧
◆ML(Museum&Library)連携企画
「蚕糸資料ギャラリー」OPAN
京都モダン建築祭

嵯峨キャンパス 生物資源フィールド科学教育研究センター棟

一田(高濱)昌利先生が退官を機に寄贈された蚕糸資料を展示するギャラリーが、嵯峨キャンパスに正式にオープンします。
図書館では美術工芸資料館と連携し、開設準備にご協力してまいりました。
11月12日(土)開催の記念講演会や体験教室の折にご見学いただけます。


◆ML(Museum&Library)連携企画
対談「高台寺蒔絵 −魅力の解明と伝統技術の継承−」
高台寺蒔絵

開催日時:    2022/07/03(日) 13:30 - 16:00

このたび、高台寺蒔絵霊屋厨子扉の精緻な復元作品を作成された下出蒔絵司所三代目下出祐太郎氏を迎え、高台寺蒔絵の魅力と謎の解明、伝統技術の保存と継承の重要性を考える講演および対談を開催することといたしました。
この企画を通して、日本美術の魅力と文化財保存の意義を再確認することができれば幸いです


○タイトル「高台寺蒔絵 −魅力の解明と伝統技術の継承」
 蒔絵師たちの究極の選択
  下出 祐太郎 先生 (下出蒔絵司所三代目・京都産業大学文化学部京都文化学科教授)
 高台寺蒔絵の魅力と謎
  並木 誠士 先生  (京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長・特定教授)

○開催日時
 2022年 7月 3日(日) 13時30分 〜 16時00分

〇開催場所
 京都工芸繊維大学60周年記念館

○視聴方法
 動画配信は終了しました

〇高台寺霊屋厨子扉 復元作品展示
 期間 2022年 6月 27日(月)〜 7月 2日(土)
 会場 京都工芸繊維大学美術工芸資料館1Fホール
 ※7月3日(日)イベントにご参加の方は対談終了後に展示をご覧いただくことができます

〇図書館所蔵関連資料展示
 期間 2022年 6月 13日(月)〜 7月 8日(金)
 場所 京都工芸繊維大学附属図書館1Fアメニティゾーン

○お問合せ
 京都工芸繊維大学附属図書館
 075-724-7185
 library*jim.kit.ac.jp(*を@に変更してください)

 主催:京都工芸繊維大学附属図書館
 共催:京都工芸繊維大学美術工芸資料館

 チラシはこちら→PDF


2022年度展示一覧
◆特別展示「嵯峨キャンパス開設100周年記念特別展示」   資料リスト:PDF
嵯峨キャンパス開設100周年記念特別展示

展示期間:    2022/11/12
展示場所:    本学嵯峨キャンパス 学道会館ロビー

11月12日、嵯峨キャンパス開設100周年を記念して講演会が開催されます。 図書館から前身校の資料を特別に出張展示します。 100周年を祝してぜひご参加ご観覧ください。

講演会の詳細はこちらから


◆ML(Museum&Library)連携展示
「京都高等工芸学校開校120周年記念特別展示」
京都高等工芸学校120周年記念特別展示

展示期間:    2022/10/3 - 12/17   ※10/22(土), 日曜日, 祝日は休館
展示場所:    附属図書館1階アメニティゾーン, 2階図書館展示室

附属図書館では、美術工芸資料館の展覧会「デザインの夜明け-京都高等工芸学校初期10年」と連携し、 図書館1階と2階で特別展示を開催します。 「もっと知りたい!浅井忠」「もっと知りたい!中澤岩太」「もっと知りたい!武田五一」「もっと知りたい!鶴巻鶴一」、 校地の地図やアルバム、前身校が集めた美しい本など。 ぜひご覧ください。


○展示資料リスト:PDF
○展示:武田五一の建築作品リスト:PDF

美術工芸資料館ホームページはこちらから


◆京銀SDGs私募債「未来にエール〜次世代を担うこどもたちへ〜」 資料リスト:PDF
京銀SDGs私募債

展示期間:    2022/08/25-10/11
展示場所:    附属図書館 1階 グローバルコモンズ前

本学発ベンチャー企業の株式会社魁半導体代表取締役田口貢士様より 京銀SDGs私募債「未来にエール〜次世代を担うこどもたちへ〜」による図書をご寄贈いただきました。
京都銀行SDGs私募債(社債の一種)は、京都銀行が発行企業から受け取る発行手数料の一部で図書や備品等を購入し、企業の指定する学校へ寄贈するものです。 持続可能な開発目標(SDGs)のひとつとして地域を担う人材を育成し、将来にわたり活力ある地域社会の実現を目指す取組みです。皆さんの研究・学習にお役立てください。



◆「英語論文執筆セミナー」図書企画展示   資料リスト:PDF
英語論文執筆セミナー2022

展示期間:    2022/08/22-10/11
展示場所:    附属図書館 1階 グローバルコモンズ前

8月24日(水)および9月7日(水)開催の英語論文執筆セミナー(基礎編・応用編)の参考書、講師著書を展示します。 どうぞご活用ください。




◆企画展示「映画の世界」 資料リスト:PDF
映画の世界

展示期間:    2022/07/21-9/30
展示場所:    附属図書館 1階 語学関連書架

様々な映画の資料を集めてミニ展示をしています。映像表現の本や名作映画完全セリフ集、貸出可能なDVDなど。 美術工芸資料館で開催中の「ATGの映画ポスター展」にちなみ、各国の映画ポスター集もあわせてご紹介しています。




◆ML(Museum&Library)連携展示
「ExLibrisと美しい本たち −海の向こうの美しい本と蔵書票−」 資料リスト:PDF
ExLibrisと美しい本たち

展示期間:    2022/07/19-9/2
展示場所:    附属図書館 1階 アメニティゾーン

附属図書館では「海の向こうの美しい本と蔵書票」と題して、 美術工芸資料館「Ex libris 愛書家たちのしるし」との合同展示をしています。 本の扉をひらくとあらわれる小さな書票、ぜひご覧ください。




◆企画展示シリーズ「美しい本」
  A海の向こうの美しい本     資料リスト:PDF
海の向こうの美しい本

展示期間:    2022/07/4-9/2
展示場所:    附属図書館 1階 アメニティゾーン(コピー機横)

美しい本をテーマにした企画展示の第二弾「海の向こうの美しい本」をご紹介しています。

英国の作家、デザイナーであるウイリアム・モリス。 英国を代表する評論家ジョン・ラスキンの影響を受け、理想の書物をつくるという理念を追求してゆきます。 字体、印刷、用紙、挿絵、装飾図案の細部にわたってモリスの意図が込められた 書籍と関連資料をぜひご覧ください。




◆特別展示「銅像から辿る大学の歴史」 資料リスト:PDF
銅像から辿る大学の歴史

展示期間:    2022/06/15-9/6
展示場所:    附属図書館 2階 図書館展示室

2階図書館展示室では「銅像から辿る大学の歴史」を開催しています。 学内に設置されている銅像は6体、その人物について、附属図書館の資料を手掛かりに紹介します。 ぜひこの機会に学内の銅像を通して、大学の歴史を辿ってみてください。




◆ML(Museum&Library)連携企画
対談「高台寺蒔絵 -魅力の解明と伝統技術の継承」関連資料展示
高台寺蒔絵

展示期間:    2022/06/13-07/08
展示場所:    附属図書館 1階 アメニティゾーン

ML連携企画対談「高台寺蒔絵」開催に先駆け、蒔絵や漆芸に関する資料を展示しました。 図書館入口正面にて講師著書や作品集、発行誌をご紹介しています。ぜひご観覧ください。




◆企画展示「世界から見た京都」
世界から見た京都

展示期間:    2022/05/27-07/13
展示場所:    附属図書館 語学関連書架

大学のまち「京都」、そして日本の文化は、世界からどのように映っているでしょうか。 外国語で書かれた資料をメインに、旅行書や写真集、歴史書など様々な角度から見る京都をご覧ください。




◆企画展示シリーズ「美しい本」
  @装幀の美しい本     資料リスト:PDF
美しい本

展示期間:    2022/05/30-07/02
展示場所:    附属図書館 1階 アメニティゾーン

今年度、附属図書館では「美しい本」をテーマにシリーズ展示をしていきます。
第一弾は、装幀の美しい本をご紹介します。 装幀とは、一般的に表紙や背表紙、カバーなど本の外側のデザインを指します。 美しく、印象に残る本を多数展示していますので、ぜひご覧ください。



◆連携展示「SAMURAI」 資料リスト:PDF
SAMURAI

展示期間:    2022/05/20-08/31
展示場所:    附属図書館 1階 アメニティゾーン

附属図書館では、本学美術工芸資料館に寄贈された展覧会カタログなどをOPACで検索できるよう登録しています。 その資料を手に取ってご覧いただけるよう附属図書館で一定期間展示します。

今回のテーマは、「SAMURAI - 刀剣・甲冑・城郭 -」です。刀剣のほか、美しい文様と精巧な彫金の技による刀装具や 、城郭、武家屋敷の秘蔵資料が紹介された図録類を展示しています。豪華な「甲冑」から、思わず笑ってしまう「侍」の図録も!? ぜひこの機会に手に取ってご覧ください。



▲上に戻る