京都工芸繊維大学附属図書館トップ > 新着情報

新着情報

企画展示「一冊の本」開催中

 附属図書館では「一冊の本」と題して、
本学ゆかりの先生方のお薦めの一冊をご紹介しています。
その一冊についての先生の言葉とあわせて、ぜひご覧ください。

■1Fアメニティ     岸和郎先生 『紙片と眼差とのあいだに』 宮川淳著,小沢書店, 1974
■2F展示室前     石田潤一郎先生 『日本近代建築家列伝:生き続ける建築』 丸山雅子監修,鹿島出版会, 2017

「一冊の本」の展示台は、同窓会の寄贈を受け、デザイン・建築学系多田羅景太先生のオリジナルデザインにより製作されたものです。

過去の企画展示一覧はこちら