京都工芸繊維大学附属図書館トップ > 図書館活用法

図書館活用法

Library Practical

附属図書館は、学生の皆さんのための快適で豊かな学習環境の提供及び知的交流拠点としての環境の整備・提供を目的とした施設です。
学習、研究に図書館をどうぞご利用ください。
たくさんのご利用をお待ちしています。

  • FAQ・・・よくある質問をまとめました。
  • 新歓行事・・・授業開始にあわせて開催します。
  • 活用セミナー・・・6-7月開催予定です。
  • Web版活用セミナー・・・図書館で作成したガイダンス資料や
                   資料活用方法をご覧いただけます。

資料を利用する
■AV資料

1F AVコーナー。利用するときは1Fカウンターで申込みをしてください。持ち込み資料での利用もできます。

■雑誌

新着雑誌・・・1F雑誌閲覧室
製本雑誌(バックナンバー)・・・1F和洋雑誌書庫

■新聞

当日の新聞・・・1Fアメニティゾーン
古い新聞・縮刷版・・・1F新聞コーナー・1F和雑誌書庫

■積層書庫内資料・貴重図書資料

1Fカウンターで申込みをしてください。

図書館資料をコピーする

1Fにコイン式複写機があります。複写機前の注意書きをよく読んでから利用してください。

施設を利用する
■1F・2F閲覧自習席・サイレントスタディルーム

自習のため自由に利用できます。

※2Fはサイレントゾーンとなっておりますので、私語等はご遠慮ください。

■1F・3F グローバルコモンズスペース

多言語、多文化学習に特化したエリアで、グループワークができます。各所に自由に使えるホワイトボードを配置し、一部居室にはプロジェクタやDVDレコーダーなどの機材を設置しています。

■3F研修室・グループスタディルーム

プロジェクタ、ビデオデッキなどの機材を使って、セミナーやミーティングなどの学習研究に利用できます。1Fカウンターでお申し込みをしてください。予約もできます。

お問い合わせ

資料の探し方が分からない、目指す資料が見つからない、他の図書館を利用したい、文献を取り寄せてほしい・・・図書館や文献の利用について、なんでもわからないことがあるときは、1Fカウンターへお問い合わせください。

資料を探す
OPAC

OPAC(蔵書検索システム)で本学の所蔵している図書・雑誌を検索することができます。各階にあります。インターネットを経由して、いつでも、どこからでも利用できます。
http://opac.lib.kit.ac.jp/webopac/

インターネットや蔵書目録で他の図書館の資料を探すこともできます

利用にあたって
利 用 証

図書館を利用するには利用証が必要です。学部生・大学院生は学生証、本学教職員は職員証が
利用証になります。
上記以外の方には図書館利用証を発行しますので、1Fカウンターで手続きをしてください。

入 館

入り口中央の入館ゲート右側の装置で利用証を読み取らせ、ゲートバーが開いてから入館してください。

退 館

出口ゲートでアラームが鳴った場合は係員の指示に従ってください。貸出手続きの済んでいない図書や雑誌がある場合にアラームが鳴ります。

資料の利用について
分類番号と請求記号

館内の図書は日本十進分類法(NDC)に従って分類されています。分類は本の主題(内容)によって行われ、数字(分類番号)で表現されています。大まかな分類番号と主題を書架の側板に表示しています。この分類番号は本の背ラベルにも記入されています。主な番号と館内での配置は次のとおりです。

000・・・ 総記 1階 図書資料ゾーン(以下、各階図書資料ゾーン)
100・・・ 哲学 3階 120東洋思想 130西洋哲学 140心理学 160宗教
200・・・ 歴史 3階 210日本史 280伝記
300・・・ 社会科学 3階 310政治 320法律 330経済 360社会 370教育
400・・・ 自然科学 2階 410数学 420物理学 430化学 460生物科学
500・・・ 技術.工学 2階 520建築学 530機械工学 540電気工学 586繊維工学
600・・・ 産業 2階 610農業 670商業
700・・・ 芸術.美術 2階 720絵画 740写真 780スポーツ.体育
800・・・ 語学 1階 830英語 840ドイツ語 850フランス語
900・・・ 文学 1階 910日本文学


本の背ラベルの記号を請求記号といいます。
館内の図書は、すべてこの請求記号の順番に書架の左上から右下へと並べられています。
資料を探すとき、使った資料を元に戻すときにこの請求記号が手がかりとなります。
研究用、学生用の表示がありますが、いずれも自由に利用でき、閲覧・貸出が可能です。

貸出と返却

図書の貸出は、学部学生・大学院生とも10冊以内、期間3週間。未製本雑誌の貸出は1冊(ただし受入後1ヶ月を経過したもの)3日間です。館外貸出の手続きをした資料は、必ずカウンター(閉館時はブックポスト)へ返却してください。

図書館利用のマナー
  • 館内では喫煙はできません。また、携帯電話類の使用はできません。電源を切ってください。
  • 館内にはペットボトル・水筒等のフタで密封できる飲み物を持ち込みできます。
    なお、食べ物(食事・菓子類)の持ち込みは禁止しています。
  • 館内ではいつも静かに。廊下や階段、エレベータ内などでも静かにしてください。
  • 利用した資料は元のところへきちんと戻してください。
    適当に置いたり放っておいたりしないでください。
    元のところがわからなくなってしまったら、返却台に置いてください。
  • みんなで使う資料です。大切に扱いましょう。書き込みをしたり折ったり傷めたりしてはいけません。
  • 資料の返却時は付せんやしおり、返却期限票などが入ったままになっていないか、もう一度確認してください。
  • 資料を借用した場合は、必ず期限内に返却してください。万一資料を紛失した際は、早急に1Fカウンターにお申し出ください。(原則として、現物での弁済をお願いいたします。)
  • 自転車は、図書館周辺に止めないで、学内の所定の自転車駐輪場に止めてください。

▲上に戻る